大阪FXスクール18タートルズは初心者から学べる日本一安心な対面講義のFXスクールです。講師はFXプロフェッショナルの特定投資家認定を受けています。まずは月に5万円前後を安定的に稼ぐノウハウを学び、そして一生稼げるFXトレードの技術を学ぶ事が出来ます。入学後のアフターフォローも万全!セミナーや体験入学など随時開催しております。

円安と世界情勢について

もう7月ですね。久しぶりにブログを上げます。

今日は7月5日、確か次男が今日誕生日だな。

30歳になったのか、私も歳を取ったなと思いつつ、他人には、どうでもいい事を思いつつブログあげさて頂きます。

 

円安について

円安はもう限界に来てます。

理由はアメリカがリセッション(景気後退)に入りだしています。

CPIが8.6%となり、アメリカの給料もそれに合わせて高額にして行ってますが、限界に近づいてます。

大手企業のメタも、これ以上の高額給料は出せないと初表しています。

また、IT企業参入が多いナスダック100も下落の一方で、そろそろ金利差ではなく、ドルの価値が下がる可能性が出てきています。

 

但し、ドル円、いわゆる日本とアメリカに関しては、日本が現在も量的緩和を続けている以上、多少の円高になっても、日銀の方針が変わらない限り、大きく円高になることはないと言えます。

 

アメリカについて

7月26日に政策金利0.75%を利上げする予定とFOMCは言っていますが。

そもそも、利上げする=景気冷え込む傾向があり、得をするのは大金持ちだけな感じがします。

 

一般庶民は、家賃も上がり、住宅ローンの金利も上がり、車のローンも上がり、物価も下がらない状態。

何一ついいことはない。

 

牛丼の並みが一杯1000円以上とか、マクドナルドのバリューセットが7000円とか、わけのわからない物価高。

この原因となるロシアとウクライナの戦争、やめさせろ!と言いたくなる。

 

後、ドル高が一服するのは、やはり中間選挙ですね。トランプ元大統領の時もそうでしが、中間選挙に敗北するとアメリカは二分すると言われ、ドルが売られる傾向があります。

どうもバイデン大統領の支持率では勝てそうもないので、折り込み済みで、その前からドル売りが始まる可能性がありますね。

 

イングランド銀行

イギリスのイングランド銀行が5日、「経済の嵐が来る」と各銀行に資本バッファー増強を求めたみたいですね。

簡単に言えば、リーマンショック級の金融危機が来る可能性が大なので、銀行はそれに備える様にと言うことですね。

 

まあ、英国はCPIが9.1%と恐ろしい数字になっていますから、一般庶民は大変だと思います。日本は2.5%ですからね。

それでも大騒ぎしていますから、どうなる事やらです。

 

ユーロ圏

ユーロ圏もロシアVSウクライナでの影響が一番大きいですが、本日2017年から約5年振りにユーロドルは最安値をつけました。

またユーロのCPIも8.1%と高くスペインなどでは17%近くインフレが起こっているとも言われています。

気を付けなければならないのが、ロシアVSウクライナが少しでも停戦的な情報が入ると、吹き上がる傾向があります。

我々では、その情報は一歩遅く届くので、ここはFXされている方は気をつけたい所です。

 

インフレ率

インフレ率は、戦争が終わらない限り、利上げしても下がらない可能性もあります。そうなれば最悪の事態にもなりかねないです。

今は無駄使いを抑え、安い物を買いこみ、今できる事をしなければ仕方ない感じがします。

 

世界インフレ率

シェアはこちら

Share on facebook
Share on Facebook
Share on twitter
Share on Twitter
Share on linkedin
Share on Linkdin
Share on pinterest
Share on Pinterest
石賀徳人

石賀徳人

コメント

無料FXセミナー&
新規説明会のお知らせ

大阪にあるFXスクール18タートルズでは、これからFXスクールに入学したいという方のために、新規入学説明会(初心者向けFXセミナー)を随時開催しております。

日程について

11月30日(水)

19時~

FXブログ

18タートルズ FXスクール

お問い合わせはこちらまで

 06-6225-7240

受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

住所:〒531-0072

大阪府大阪市北区豊崎3丁目20−9 三栄ビル4階

主要取引先